家にはびこるねずみを駆除します

もうねずみで悩まされない

「豊かな生活」の知恵を育てる「ゴキブリ駆除」

time 2021/03/15

「豊かな生活」の知恵を育てる「ゴキブリ駆除」

私たちの生活には、清潔感が大切です。日常はもとより、旅行先でお気に入りのお店を楽しみにすることも多いものですね。そんな店にとって、天敵はゴキブリです。特に、飲食店では「ゴキブリ駆除」に関するクレームにより営業が止まってしまう可能性があると言われるほど、非常にユニークな文化特性を有しています。

ゴキブリは虫です。虫は生命です。さらに、彼は意外に清潔です。ちゃんと脳があり、免疫機構があり、生命維持活動を行っているので、当然ですよね。

客観的・生命学的には、体を洗ってあげれば、どうってことはありません。問題は、私たちの生活の上での嫌悪感にあります。情報番組等で「ゴキブリ駆除」を良しとすることで「恐ろしい存在」のイメージが構築されますが、デマの原理同様、大切な社会システムである飲食店舗が、ゴキブリのイメージのみで差別されるのは不当です。私たちにとっても、過度な偏見は、自他の健康だけでなく、広範囲な生活を支える便利なシステムをも失わせてしまう「デメリット」を伴います。

このことから、「ゴキブリ駆除」の目的とは、「いかにしてゴキブリを愛するか?共存するか」と言えるでしょう。「ゴキブリ駆除」は、衛生の観点から行うべきです。ただし、命を摘んでいることを認めた上で「自他が弱くなる偏見」を生じさせない知恵を必要とします。ゴキブリをトラップで捉える方法は、亡骸化させることで、生命維持活動による清潔メリットを無くしますので、その点での対策・方法は重要です。

ゴキブリを駆除するから汚いイメージを持ちがちな文化生活。これを把握し、どういった駆除ならば望ましいか、不当に抹消しないことも含め、私たちが幸せでいられる方法を模索していく工夫が求められているのです。

down

コメントする