家にはびこるねずみを駆除します

もうねずみで悩まされない

ねずみ退治は慎重に!

time 2020/12/09

ねずみ退治は慎重に!

自然の多い場所(例えば裏に薮があったり周囲に田畑が多い地域など)以外の、ごく一般的な住宅地にお住まいでしたらねずみ退治をする場合、一度で片をつけないといけません。その理由は、自然の多い場所の住宅に住む、警戒心の比較的低めのハツカネズミに比べ、市街地のねずみ・クマネズミは警戒心が強く、また学習能力が非常に高い点が挙げられます。大して下準備をしないままうかつに罠を仕掛けると、最初のうちの数匹はひっかかりますが、そのあとは一切引っかからなくなります。わざわざ避けて通るようになり、こうなるとねずみ退治のプロ・業者でも困難になり、より徹底的な作業が必要で、駆除のための作業額も高額になってしまいます。

そのため、退治は一気に片をつけなければなりません。具体的な方法として、まず巣材になるもの(ビニール袋や新聞紙・ダンボールなど)を放置せず逐一処分する、部屋を片付けて見通しをよくする、通り道となりそうな壁の裂け目やヒビなど破損箇所を修繕する、といった「整備」を行います。クマネズミのねぐらとなりやすい屋根裏も徹底的に掃除します。このとき、侵入経路となりやすい場所(通風口など)を専用の金網などで塞いでおきます。

そして、エサを徹底的に断ちます。衣装ケースやプラケースなどかじって侵入できないケースもしくは冷蔵庫に家中の食べ物を入れておき、食べるものをなくします。エサの供給源を失ったねずみたちは焦りだし、罠に仕掛けられたエサや毒のエサにあっさり引っかかりやすくなります。この時点でようやく、粘着シートや毒のエサを大量に用意し、一網打尽にするのです。

徹底的に準備し、一気に片をつけましょう。

down

コメントする