霊感占いとはどんな占いなのか

霊感占いとは、言葉面どおりだと、霊感を用いてする占いです。占いには、「霊感を用いた占い」と「霊感を用いない占い」の、大きく2つに分かれます。霊感を用いない占いとは、例えば四柱推命があげられます。これは、基礎理論がしっかりとある占いの方式なので、誰でも真剣に学び、修得すれば占うことが可能です。

対して、霊感を用いた霊感占いを行う人は「霊能者」と呼ばれる人で、霊との交流を持てる人です。霊能者の能力はとても強く、霊とすぐにコミュニケーションがとれ、霊との会話がすぐに頭に入ってくるというのです。徳の高い霊能者は、相手と接しただけで、その人の過去、現在、未来が脳内にひらめき、感じることができます。霊能者と呼ばれる人が、どのように占いをするかというと、一般的な霊能力では、「霊視」することによって占います。

霊視は誰でもが持っている力というわけではなく、霊視ができる霊能者は限られています。霊視能力がある霊能者は、頭の中でスクリーンのようなものに、物や人が映し出されるといわれます。対象者の現在、過去、未来の光景や、他者の心情、服装、職場の環境など、あらゆるところを霊視で映し出すことができるだけではなく、今後の展開、問題の解決方法、未来の状況なども霊視することができるといわれています。霊感と霊視の違いは、はっきりとした映像で見ることができることが霊視の特徴です。

要約すると、霊感占いとは、特殊な能力を用いて、目に見えない存在からのアドバイスにより、される占いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *