片思いの恋の占いをするときは占術に注意

片思いの恋がどうなるのか気になるときに、占いで恋の行方を知りたいと思う方も多いでしょう。

片思いの恋愛を占うには、自分自身の恋愛運や、現在から近い将来の恋愛の状況の変化をみる場合と、ふたりの相性やお互いの恋愛に関するタイミングなどからみる場合があります。片思いのときは相手の生年月日や出生時間の情報が分からないこともあるでしょう。星占いといわれる占星術や四柱推命で占いを行うならば、生年月日などの情報が必要になります。占いといっても、歴史ある方法でデータからふたりの現在の状況や未来を占う方法もあるのです。

今の状況やそれが分からないと、相性や相手の好みなどを占うことはできないでしょう。しかし、いつの時期に自分が出会った相手とは、どのような関係になりやすいか、恋愛が実を結びやすい時期はいつかといった自分を軸にして恋愛の状況を占うならば、そのような方法でも問題ないでしょう。相手の情報が入手できない場合に、相性を知りたいならばタロットやスピリチュアルな能力で鑑定する占いが向いているでしょう。

タロットは毎回結果が変わるために、満足のいく鑑定内容ではないと何回も占ってしまいたくなります。しかし、それでは占う意味が希薄になってしまいます。状況は日々変化するので、日を置いて占うのもひとつの方法ですが、一日に何回も同じ内容をタロットで占うのはおすすめできません。それは、個人で占う場合でも、鑑定してもらう場合でも同じです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *